人気ブログランキング |

Jazzとオーディオ その1

21歳の春。
なんとなく学校をやめてしまい、ブラブラしていた時
友人がよく通っていたブルーノート(Jazz喫茶店)に連れて行かれ
Jazzの虜になるキッカケとなるのですが・・・。
その1~2年前に京都会館へ来たアートブレーキーとJazzメッセンジャーズは
訳もわからず行っているのです。ちゃんとレコードも買っているのです。


元々、母が音楽(クラシック)好きでよく聴いていたので
その影響で、どんな音楽もすぐ親しんで聴く事が出来ました。

しかし、店へ入ってショックを受けたのは音量の差でした。
音の洪水。そしてそれがすんなりと身体に入って来たのです。
オーディオ装置の違い・音質のあまりの違いにびっくり!

いいなぁこのスピーカー・・・欲しいなぁこのアンプ。。

しかし、その様なオーディオ機器が買えるわけもなく
寺町の電気屋街で指をくわえて見ているだけでした。
いつか買えるだろう・・・夢は大きく・・・と、「あぁ」と溜め息ばかり。。。



それからは、シャン・クレール(荒神口)へはよく通い...
また、マンホール(四条)の薄暗い地下2階の店はJazzピッタシの店でした。

J.B.L(オリンパス)から流れでる音の洪水。
特にサックスの咽び泣く様な音色・トランペットの気だるい感じが
大変気に入りでした。

このあたりから、Jazzへドドーーン!と云う感じで入っていくのでした。



                          つづく

by tokan-en-kazu | 2007-06-22 21:00 | 音楽

<< Jazzとオーディオ その2 ご挨拶 >>