Jazzとオーディオ その8

話しは戻って鳥取の旅館。
朝、「北山さん、北山さん、お客さんですよ」と仲居さんの大きな声で起こされる。
誰が?と不思議だった。

出て見ると昨夜の飲み屋の女の子。
今日、鳥取案内してあげる。と・・・。
もう僕らには少しのお金しか残っていません。
「お金ないよ」誰かが言った。「いいよ。」あまりにも簡単に言ってくれた。
ありがたやありがたや。



e0126544_23591867.jpg

現在の私のオーディオ




バスで砂丘見学、レストランでの昼食、そして映画。
前回なんとなくと書きましたが彼女の要望でした。
そして京都までの電車賃、お土産の梨四人分....
結構なお金だったのではないでしょうか。本当に助かりました。
今如何されてるでししょうか。有り難うございました。


車は一路京都へ。
雪はどんどん降り本当走るのが困難になって来た。
車内ではキティ・カレン、ドリス・ディー等のジャズヴォーカルが流れ快適ですが
外は見づらく、二人で前を一生懸命見ていました。
またこれから大きな峠を二つ越えなければなりません。

ゆっくりゆっくり走ってやっと福知山市へついた。
そこのガソスタで、あまりに汚れた愛車を洗車したのだが、これがいけなかった。
走るうちに車全体が凍りつき、ホーンも鳴らなく、ライトも暗く大変だった。

それでもやっと朝方、京都へ無事到着。
お土産は鳥取で買った蟹二匹。美味しく頂いた。
七泊の旅も終り、青春も終りかなあ~....



                     つづく
[PR]

by tokan-en-kazu | 2007-07-10 23:44 | 音楽

<< Jazzとオーディオ その9 Jazzとオーディオ その7 >>