Jazzとオーディオ その10

世界の名機といわれたアンプを、その当時、十数台持っていましたが
使っていたのは、マッキンのC11+50WⅡでお気に入りだった。
スピーカーは場所を取るので1セットしか持っていなかった。

仲間と作った807pp、45シングル、300Bppもありました。
メインスピーカーにアルテック612C + 4168A + H811 + 802D
サブにWEのモニター箱にジェンセンのH222という2システムで
はじめたが、アルテックの方は固体差が激しく、すぐ売却。


e0126544_1164189.jpg



JBL C34に130A + ゴールドレンズ + 375
しかしどうしてもうまく鳴らず
075を加えたり色々やってみるが断念。


他、色々なスピーカーは試したが
一度、手放したキャピストラーノを買い戻し
現在もメインで使っている。


仲間達とつくったアンプも、300Bppは手元に
45は息子に、807ppはプレゼント、50シングルは売却。
今もこのアンプは残しておけば良かったと後悔している・・・。




                      つづく
[PR]

by tokan-en-kazu | 2007-07-26 22:08 | 音楽

<< Jazzとオーディオ その11 Jazzとオーディオ その9 >>