Jazzとオーディオ その12

最近は、歳のせいかBGM的にソファに横になり
読書をしながらという聴き方が圧倒的に増えた。


e0126544_0231053.jpg



e0126544_0303172.jpg



フィリピンの女性ヴォーカリスト、ジェイナー・ロドウィクのJAZZっぽいPOPS
ヴェルディのオペラ「ナブッコ」
 (第3幕での合唱「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」)等がお気に入り。


e0126544_030668.jpg



e0126544_0304657.jpg




最近、読んだ本では「御土居堀ものがたり」や
金子光晴の「這えば立て」等は、なかなか面白かった。勉強になった。



また、最近
高台寺であった、庭を観ながらのチェロとピアノのリサイタルに行ってきた。
ライトアップされた庭は大変美しく
ベートーヴェンの「月光」がすごくマッチし
ピアノ音が庭へ響く様はなんとも幽玄な世界だ。
チェロの素晴らしい演奏もまた聴きたい。






多くの仲間に囲まれ過ごした青春時代の思い出は
生涯忘れないでしょう。

仲の良かった4人組の一人S.T君。色々に世話になった。
また、よく手伝ってくれたK.S君。カラオケが大好きだった。
もう二度と会えない。本当に淋しい。
心よりご冥福を祈ります。

病気療養中のM君。
早く治して、また食べ歩きしましょう。

早くにリタイアしたT君。
旅行へどんどん行って楽しんで下さい。



今夜もアルテックから流れるロドウィクの歌う
「I Don't Know How To Love Him」を聴きながら
二度目の、夢ある 沢木耕太郎「深夜特急」を読み
また、また中谷美紀の「インド旅行記」。

なぜか、皆が好きだった東南アジアの本になるのです。


皆、元気でね。ありがとう。


                               おわり
[PR]

by tokan-en-kazu | 2007-08-23 23:10 | 音楽

<< リサイタル Jazzとオーディオ その11 >>