<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Jazzとオーディオ その4

私も27歳の春、結婚いたしました。
式の後、皆が銀閣寺近くの店で二次会・三次会を開いてくれて
帰ったのは午前2時だった。

それから数日後、オーディオ機器も自室へ移動。
この時のスピーカーは、自作4台目で
米松の密閉箱でかなりの容量もありました。
このスピーカーはのちのち、佐賀県へ帰ったO君が持ち帰り
その後、A7を買って、すごいオーディオマニアになっている。


その頃、近所に住む大学生が
新しくスピーカーを買ったので聴きに来ないかと誘われ行ってみると
アルテックのA7、マッキンのC26 + 自作管球でJazzを聴かせてくれましたが
C26のガラスパネルが大変綺麗で、唖然・呆然という感じで....

音楽はあまり耳に入らず、ただただウルサイ感じでした。。。
本当にカルチャーショックを受けました。
今思うと、あまり良い音ではなかった様ですが、迫力は凄かった。

よし、おれもアルテックを買う!と心に決めた。



e0126544_23585361.jpg

今現在の私のオーディオ






日曜日も休まず仕事オンリーで頑張った。
その時、安いバイト代で頑張ってくれたS君、M君、T君には感謝感激です。
本当によく手伝ってくれました。


相変わらず、夜になると週に1~2回は
誰かが遊びに来ていた。

今もお会いするH・Sさん。
全共斗運動・文革・宗教論争は、大変勉強になりました。



                 つづく
[PR]

by tokan-en-kazu | 2007-06-30 00:02 | 音楽

Jazzとオーディオ その3

両親は遊んでいる僕をあまり叱った事もなく
それを良い事に甘えてばかりで
仕事も楽なところだけ手伝い、小遣いを貰うという事を繰り返していました。


レコードも少しづつ集め
アート・ペッパー ソニーロリンズ辺りが好きで
モダンアート等は溝が擦り減るぐらい聴きました。



その頃、26歳になった私を見るに見かねてか
夏のある日、父が「もういいよ出て行ってくれ」と言いました。
生涯これほどショックを受けた事などなく.....
よし、やるぞ。とその日を境に仕事に専念しだしました。


ちょうどその頃
結婚、転勤する人も増え、少しずつ人の出入りも少なくなっていったのです。




                       つづく
[PR]

by tokan-en-kazu | 2007-06-28 23:09 | 音楽

Jazzとオーディオ その2

さて、当時。
私の家には離れ(昭和初期の丸太普請)があり、なかなか雰囲気の良い部屋でした。

毎週土曜の夜は麻雀。
PM7時になると自然と14~15人が集まるという皆のカッコウの遊び場でした。
メンバーは、数年後には35~36人と、学生から社会人まで。
朝8時終了。。。

文学・酒・女好きから革命家気取りまでと多士済々で
大変楽しい思い出を残してくれました。
一人の妻帯者の他は全員独身。
毎日1~2人が夜になるとやって来ては
日本の将来・ファッション・車・女と色々な話は尽きる事なく夜が更けるのでした。





さて、本題のJazzとオーディオですが
頭の中からは離れず、まずスピーカーを作ろうと思いたつ。

平面バッフルに挑戦。
ナショナルのゲンコツを入れ、昔から家にあったナショナルの球のラジオに繋ぎ
モノナルで聴いていましたが.....
友人が、こんなものでは駄目と。
バックロードホーンを作ろうと2人で作り始め
他の人も手伝い、あっという間に出来上がりました。

さて、音出しですが、聴いて驚き
とんでもないエコーがかった音でガックリ・・・。
アンプが悪い、スピーカーが悪いと、皆好きなように言っていました。
しかしそれもわかっていますが、先だつ○○がありません!


よく手伝ってくれた、ベ平連活動家のI君....
自称元ヤ○ザの九州へ帰ったU君....
お元気ですか?



                     つづく
[PR]

by tokan-en-kazu | 2007-06-25 22:47 | 音楽

Jazzとオーディオ その1

21歳の春。
なんとなく学校をやめてしまい、ブラブラしていた時
友人がよく通っていたブルーノート(Jazz喫茶店)に連れて行かれ
Jazzの虜になるキッカケとなるのですが・・・。
その1~2年前に京都会館へ来たアートブレーキーとJazzメッセンジャーズは
訳もわからず行っているのです。ちゃんとレコードも買っているのです。


元々、母が音楽(クラシック)好きでよく聴いていたので
その影響で、どんな音楽もすぐ親しんで聴く事が出来ました。

しかし、店へ入ってショックを受けたのは音量の差でした。
音の洪水。そしてそれがすんなりと身体に入って来たのです。
オーディオ装置の違い・音質のあまりの違いにびっくり!

いいなぁこのスピーカー・・・欲しいなぁこのアンプ。。

しかし、その様なオーディオ機器が買えるわけもなく
寺町の電気屋街で指をくわえて見ているだけでした。
いつか買えるだろう・・・夢は大きく・・・と、「あぁ」と溜め息ばかり。。。



それからは、シャン・クレール(荒神口)へはよく通い...
また、マンホール(四条)の薄暗い地下2階の店はJazzピッタシの店でした。

J.B.L(オリンパス)から流れでる音の洪水。
特にサックスの咽び泣く様な音色・トランペットの気だるい感じが
大変気に入りでした。

このあたりから、Jazzへドドーーン!と云う感じで入っていくのでした。



                          つづく
[PR]

by tokan-en-kazu | 2007-06-22 21:00 | 音楽

ご挨拶

皆様、こんにちは。

ようこそ、北山都乾園のホームページへ。



パソコンやインターネットといったものの発展は
ここ10数年で、飛躍的に伸びてきました。

ほんの10数年前、インターネットって????という時代が
今やすでに、一人に一台な世の中である。
今も尚、目まぐるしく発展していく"ソレ"についていくのは、正直難しい。


どこの企業も、そして個人も
こぞって、ホームページを開設し、世の中に向けて情報をアップロードしている時代。
それも、安価で出来る。



我が社も、随分前からドメインを確保しつつ細々と立ち上げてはいたが
今日こうして、新たにリニューアルオープンしました!

常に皆様に足を運んで頂けるページ作り。
それはひとえに「新しい情報を発信し続ける事」だと思います。

こうして私も含め、各社員がそれぞれ、フレッシュな情報を発信し
そして、それをまた皆様が受け取り何かを感じて頂ける事を願うばかりです。


これからも、北山都乾園をどうぞ宜しくお願い申し上げます。


         代表取締役   北山利和
[PR]

by tokan-en-kazu | 2007-06-18 23:33 | 雑記